海外赴任者向けの車手続き情報サイト。名義変更や一時抹消、サイン証明(署名証明)など。

海外赴任・海外転勤・海外留学者向けのマイカー手続きインフォメーション

日本に残してきた自動車の車検が切れてしまいます。本人不在で車検を受けるにはどうしたらよいか?

車検は本人でなくても受けられます。また、ナンバープレートの陸運局でなくても問題ありません。
預けている方にお願いしましょう。

もし、残している車がほとんど使用されておらず、
年に数回の一時帰国のためだけに車検を通すということであれば、
一時抹消登録(車検を切る)を検討されたほうが良いかもしれません。
抹消してしまえば、税金・保険など維持費がおさえられます。
帰国後、車を使うときに車検を通せば、そこから2年間車検が有効になりますので、無駄がありません。

まず税金ですが、一時抹消すれば自動車税は月割りで戻ります。
また、新年度も納付する必要がありません。ただし、重量税は一時抹消しても戻りません。
次に、任意保険も解約してしまいましょう。
解約しても中断証明書を取得すれば等級を10年間維持できます。

海外へ出国済みの方が一時抹消の手続きを行うには、書類について注意が必要です。
車の一時抹消には印鑑証明書が必要ですが、日本に住民票登録をしていないと取得できません。
そこで、代わる書類として「サイン証明」を用意する必要があります。

サイン証明書の取得方法・注意点はこちらから。

運営者情報

  • 運営者:青木行政書士事務所
  • 所属:神奈川県行政書士会
  • 登録番号:第11090686号
  • 代表:青木俊之
  • 運営者情報

その他