海外赴任者向けの車手続き情報サイト。名義変更や一時抹消、サイン証明(署名証明)など。

海外赴任・海外転勤・海外留学者向けのマイカー手続きインフォメーション

知人に譲る場合の注意点

知人や友人で欲しがっている人がいれば、その人に譲る(売る)ということもあるでしょう。
最近ではインターネットオークションなどを通じて、次のオーナーを直接探すという人も増えています。

これら個人間売買の場合、一番トラブルになるのは名義変更関連でしょう。
変更手続をきちんと済ましておかないと、出国後になって自動車税の納付書や督促状が届いたり、
新所有者が起こした事故や交通違反などのトラブルに巻き込まれかねません。

無用なトラブルを防ぐためにも、最低限、名義変更完了後の車検証のコピーを送ってもらうなどして、
手続きが済んだことをきちんと確認しておきたいところです。
特に、赴任のシーズンである3・4月は、次年度自動車税発生のタイミングともかぶります。
いつまでに手続きを完了するか、自動車税の扱いはどうするかまで取り決めておきましょう。

また、名義変更で言えば、書類についても十分注意しなければなりません。
名義変更を行うために必要な書類に「印鑑証明書」がありますが、
これは海外への転出届けと同時に取得できなくなってしまいます。

場合によって、住民票も名義変更に必要ですが、こちらも転出とともに取得不可です。
「印鑑証明書は事前に取っておいたけど、住民票を取り忘れていて、
結局その印鑑証明書では手続きができずに渡航先で別の書類を取る羽目になってしまった」
などというケースも実際にあります。

どの書類が必要かは個々の車両登録状況によって異なります。
インターネット上の情報だけに頼ることなく、
専門家の行政書士などへ相談し、漏れのないようにして揃えておきたいところです。

さらに、印鑑証明書等の公的書類については「期限切れ」に、
委任状や譲渡証明書については「記入ミス」にも十分注意する必要があります。
原則として、1日でも過ぎたら、1字でも間違えたらアウトです。
国内にいるのと違い、簡単にやり直しがきかないということを念頭に入れて、
慎重に手続きを終えたいものです。

煩わしい手続きは、海外赴任専門の行政書士にお任せください

青木行政書士事務所では、車の個人間売買をお考えの方に、以下のサービスを提供しております。
わずらわしい手続きは、車手続きのプロ・行政書士にお任せください。

  1. 名義変更代行サービス
  2. 車庫証明申請代行サービス
  3. 所有権解除代行サービス

詳しい内容は、名義変更代行サービスをご覧ください。

運営者情報

  • 運営者:青木行政書士事務所
  • 所属:神奈川県行政書士会
  • 登録番号:第11090686号
  • 代表:青木俊之
  • 運営者情報

その他